サイト内検索

  • 完結

虹は七色か六色か 真理と教育の問題を考える

作家/出演者
シリーズ
  • 虹は七色か六色か 真理と教育の問題を考える
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。日本では「七色の虹」などと言いますが,アメリカでは虹は六色というのが常識になっています。この認識の違いはどのようにして出来てきたのでしょうか。科学論,認識論,教育論に関わってくる内容へと発展していくミニ授業書。
小学校高学年から大学まで,理科や道徳,ホームルームの時間でも楽しめます。

★★ もくじ ★★
〔問題1〕 虹は何色か
日本では七色,米国では六色

〔問題2〕 再び,虹は何色か

〔問題3〕 アメリカでは〈虹は六色〉と思われている理由についての4人の学者の考え
4人の学者の意見は一致していた……〈科学上の真理もその国の文化の伝統や言葉の違いによって変わることがある〉という証拠

〔問題4〕 アメリカ人は,ずっと以前から〈虹は六色〉と考えていたか
アメリカ人も,昔は〈虹は七色〉

〔問題5〕 日本人はずっと以前から〈虹は七色〉と思っていたか
江戸時代の人びとは虹の色数には無関心

〔問題6〕 ニュートンが分光学の研究をはじめた当時のイギリスでは〈虹は七色〉が常識化していたか
虹は七色はニュートン以後の常識
七色の虹の覚えかた

〔問題7〕 アメリカ人はいつごろ,なぜ〈虹は六色〉と考えるようになったか
B.M.パーカー先生の教育実験
4人の学者たちの誤り
自分の感覚を信じられなくなったら
価格
518円
[参考価格] 紙書籍648円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/12/25 00:00
紙書籍販売日
2003/08/31
ページ数
68ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
6.52MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家