サイト内検索

  • 完結

日本の出版流通における書誌情報・物流情報のデジタル化とその歴史的意義

作家/出演者
シリーズ
  • 日本の出版流通における書誌情報・物流情報のデジタル化とその歴史的意義
日本図書コードおよびISBN問題の全体像を再構成し、出版流通における書誌情報・物流情報のデジタル化の歴史的意義を明らかにした、日本の出版流通研究の基礎資料として必携の書。豊富な資料、当時の出版関係者への貴重な証言インタビュー、索引付き。

【収録インタビュー】

北川明氏(第三書館)

高須次郎氏(出版流通対策協議会会長・緑風出版)

木下郁氏(出版流通対策協議会事務局長)

本間広政氏(元・日本出版インフラセンター[JPO])

井上ひさし氏(作家)

池田隆氏(元・出版労連副委員長)

胸永等氏(元・図書館を考える会・主宰)

石塚栄二氏(帝塚山大学名誉教授)
価格
1,620円
[参考価格] 紙書籍3,456円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
16pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/12/25 00:00
紙書籍販売日
2007/12/31
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
18.90MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家