サイト内検索

  • 完結

私と西洋史研究 歴史家の役割

作家/出演者
シリーズ
  • 私と西洋史研究 歴史家の役割
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

計量経済史、生活史、世界システム論など、新しい手法を開拓しながら、戦後の西洋史学界を牽引してきた著者の50年にわたる研究生活を総括。画期をなした諸研究の背景、戦後史学会の動向、歴史学の意味と歴史家の役割など、碩学ならではの考察を収載。「川北史学」のエッセンスを余すところなく伝える、待望の個人研究史=史学概論。
価格
2,700円
[参考価格] 紙書籍2,700円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
27pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/12/25 00:00
紙書籍販売日
2010/04/23
ページ数
277ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
110.00MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家