サイト内検索

ねうねう さんぽキャッツ編

作家/出演者
  • ----
シリーズ
2005年、晩秋。モモがこの世を去った。モモとは小学生の頃に飼っていたウサギである。元々、家には2羽のウサギがいた。彼らを襲うことから、猫との接触は避けるようにしていた。

モモが去って1ヶ月、玄関に見知らぬ猫がいた。それが後のエマである。エマが来るようになってから、沢山の猫が家に集まるようになり、避妊去勢手術を施し、10匹は里親に出した。エマと寅之介は貰い手が見つからなかったため、家に入れた。今では宝もののような存在になっている、猫との生活を収めました。

登場人物
エマ(白黒ハチワレ/♀)
寅之介(白サバハチワレ/♂)
ビスケ(白サバ/♀)
価格
540円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/03/18 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
107ページ
写真家
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
43.30MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品