サイト内検索

  • 完結

資本論の哲学

作家/出演者
シリーズ
  • 資本論の哲学
マルクス『資本論』の決定的なカギであり、長く論争の的である価値論に焦点を当て、物象化論の立場からアポリアを乗り越える廣松渉の代表作。増補版の待望のライブラリー化。解説=石塚良次
価格
1,836円
[参考価格] 紙書籍1,836円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
18pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/02/10 00:00
紙書籍販売日
2010/09/10
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
2.30MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家