サイト内検索

  • 完結

子どもの連れ去り問題 日本の司法が親子を引き裂く

作家/出演者
シリーズ
  • 子どもの連れ去り問題
日本は欧米諸国から‘子どもの拉致国家’と非難されている!今、議論を呼び起こしている夫婦関係破綻後の子どもの連れ去り問題。なぜ日本の司法は親子の絆を守れないのか?いま議論を呼び起こしている、夫婦関係破綻後の「子どもの連れ去り問題」。だが、ハーグ条約締結の是非、共同親権制度導入の是非を議論する前に、知っておくべきことがある。それは片方の親による子どもの連れ去りを助長し、肯定する日本の司法のあり様である。親子の絆を引き裂く日本の「拉致司法」とは。
価格
712円
[参考価格] 紙書籍886円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
7pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/02/10 00:00
紙書籍販売日
2011/03/16
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.99MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家