サイト内検索

世界をゆるがした十日間 (下)

第1次世界大戦でロシア軍が総退却すると国内の危機意識は一挙に高まり、宮殿へ赴いた請願行動の弾圧を機に情勢は急激に変化し、ついに帝政は崩壊、臨時政府の樹立とともに革命は国中に広がっていった。穏健派と急進派とが革命のヘゲモニーを争うなかからレーニン、トロッキーらが率いるボリシェヴィキが臨時政府を倒し権力を奪取した。歴史の現場にいたアメリカの若きジャーナリストが混乱のなかに身を投じ、著したルポルタージュの古典。
価格
756円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
7pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/03/03 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.60MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家