サイト内検索

虹色のゲート

作家/出演者
シリーズ
  • 虹色のゲート
愛華悠子は5月のある日、夫の海外赴任中にふたりの子どもを連れて引っ越しを決行した。8歳の長男の幸助と5歳になる妹の奈津美は悠子の子どもだが、父親は違っていた。3人が引っ越した先は、これまでと同じ市内の山間地。動物園の真裏に建つ古アパートだった。 じきに悠子は、生活のために夜の仕事に出かけるが、それは同時に子どもたちにとって、退屈な長い夜のはじまりだった。 勝気な性格の妹とは対照的に、幸助は繊細で臆病。現実を都合のいい妄想へとすり替えながら生きていた。 ある夜、兄妹は塀の隙間から動物園に入り込み、そこで一般展示から外された老オオカミを見つける。孤独だったオオカミは、兄妹が与えるどんな食べ物も受け入れた。それが面白くて、彼らは灯りが消えた動物園に通いはじめる。 だがそんなある夜、園内で兄妹は大きな地震に遭遇してしまう。 その体験は、動物園の動物たちや、体の不自由な老人を、この上ない不幸なものと決めつけていた幸助を成長させた。そして幸助の身に、数か月前に目撃していた、ひき逃げ事故の犯人が迫る……。
価格
498円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
4pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/03/28 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
2.00MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家