サイト内検索

  • 完結

佐武と市捕物控 9

佐武の身柄をかどわかし、市を投げ文で呼び寄せた若い侍の一群。彼らの剣と、市の剣、その違いとは?(「群狼」)お稲荷さんから度々出る不審火。巷では、八百屋お七のような振袖火事との噂があった。(「稲荷火」)春の楽しみ、花見の席で、‘落花狼藉斬り’と名乗る見事な居合いの見世物があった。気のいい侍で佐武と市とも打ち解けるが、事件は起きて……。(「花祭り」)佐武と市が、怒り、涙し、含み笑う全7編を収録。
価格
432円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
4pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2014/12/26 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
258ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
47.70MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

セット一覧

全巻セット 18巻分 432円割引 通常価格 7,776円
7,344円
今すぐ購入
1~5巻セット 5巻分 432円割引 通常価格 2,160円
1,728円
今すぐ購入
6~10巻セット 5巻分 2,160円 今すぐ購入
11~15巻セット 5巻分 2,160円 今すぐ購入

購入済みの巻が含まれています。

OK キャンセル