サイト内検索

  • 完結

新井白石「読史余論」 現代語訳

作家/出演者
シリーズ
  • 新井白石「読史余論」 現代語訳
「正徳の治」で名高い大儒学者による歴史研究の代表作。古代天皇制から、武家の発展を経て江戸幕府成立にいたる歴史を九変・五変に時代区分して論じ、徳川政権の正当性を主張する。天皇家や源頼朝、足利幕府への客観的で冷徹な評価、為政者の不徳と失政に対して天命が革まる「易姓革命」への警鐘など、実証的で先駆的な史論の現代語訳。(講談社学術文庫)
価格
1,080円
[参考価格] 紙書籍1,188円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
10pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/07/31 17:00
紙書籍販売日
2012/11/12
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
1.64MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家