サイト内検索

  • 完結

池田屋乱刃

作家/出演者
シリーズ
  • 池田屋乱刃
「乃美さん、わたしは卑怯な男だ」 明治十年、死の床で木戸孝允が、かつての同僚に「あの事件」の真実を語り始めた――「池田屋事件」で新選組に斬られ、志半ばにして散っていった志士たち。福岡祐次郎、北添佶麿、宮部鼎蔵、吉田稔麿……。吉田松陰や坂本龍馬といった「熱源」の周囲で懸命に生きた男たちを描く。志士とは、維新とは――日本を動かしたあの「熱」はなんだったのか。最注目作家が初めて幕末京都に挑んだ連作長篇。
価格
1,404円
[参考価格] 紙書籍1,728円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
14pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/07/31 17:00
紙書籍販売日
2014/10/22
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
2.34MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家