サイト内検索

  • 完結

伊勢神宮と三種の神器 古代日本の祭祀と天皇

作家/出演者
シリーズ
  • 伊勢神宮と三種の神器 古代日本の祭祀と天皇
原初の三種の神器(銅鏡・鉄剣・勾玉)は、天皇制が確立すると、「勾玉」が「神璽」に取って代わられました。勾玉は、、呪術具・祭祀具・儀礼具・宝飾具という多義的な宝器として古日本では重要な役割を持っていました。民俗的信仰から国家的信仰へ、地方の王から国の天皇へ……。神器の意味づけはどう変わったのか? 武家の時代に神器の扱いはどうなったのか? 神器を通してみる、日本の歴史と民俗を問い直します。(講談社選書メチエ)
価格
1,782円
[参考価格] 紙書籍1,944円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
17pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/07/31 17:00
紙書籍販売日
2013/11/12
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
7.08MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家