サイト内検索

源氏物語 巻七

不義の子を産んだ女三の宮が出家し、柏木は病死。夕霧は柏木の未亡人・女二の宮への恋に迷う。最愛の紫の上に先立たれた光源氏は悲嘆の末、ついに出家を決意する。光源氏亡き後、出生の秘密に悩む女三の宮の子・薫と明石の中宮の子・匂宮を中心に、新たな物語が始まる。第7巻は、柏木・横笛・鈴虫・夕霧・御法・幻・雲隠・匂宮・紅梅を収録。
価格
810円
[参考価格] 紙書籍810円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
8pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/08/04 10:00
紙書籍販売日
2007/07/31
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.28MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

セット一覧

1~5巻セット 5巻分 3,538円 今すぐ購入
6~10巻セット 5巻分 3,678円 今すぐ購入

購入済みの巻が含まれています。

OK キャンセル