サイト内検索

  • 完結

生霊の如き重るもの

天魔は跳び’屍蝋’は滴る。怪異が其処に……。刀城言耶、揺籃の時代。奇っ怪な分身、’生霊’の目撃談が語り継がれる奥多摩の旧家、谷生家。それが現れるとき、当人に死の影が指すと恐れられる謎の現象である。同家を訪れた刀城言耶は、そこで不可解な復員兵の死に遭遇するのだが……。表題作他、全五編を収録した’学生時代の事件簿’と言うべき’刀城言耶’シリーズ第二短編集。
価格
918円
[参考価格] 紙書籍918円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
9pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/08/07 10:00
紙書籍販売日
2014/07/10
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.39MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

セット一覧

全巻セット 8巻分 7,490円 今すぐ購入
1~5巻セット 5巻分 4,199円 今すぐ購入

購入済みの巻が含まれています。

OK キャンセル