サイト内検索

天皇の歴史(4) 天皇と中世の武家

作家/出演者
シリーズ
源平の争乱に始まる中世に重視されたのは、父子一系でつながる一筋の皇統=正統であった。源頼朝は正統の天皇を護るため武家を創り、鎌倉幕府が後鳥羽上皇と戦ったのも朝廷再建のためだった。室町時代、事実上の院政を執った三代将軍・足利義満など、中世の天皇と武家の役割を究明し、古典を鑑として乱世に秩序を求めた人々の営為を明らかにする。
価格
2,052円
[参考価格] 紙書籍2,808円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
20pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/08/07 10:00
紙書籍販売日
2011/03/11
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
2.30MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

セット一覧

1~5巻セット 5巻分 10,260円 今すぐ購入
6~10巻セット 5巻分 10,260円 今すぐ購入

購入済みの巻が含まれています。

OK キャンセル