サイト内検索

徳川家康 (16) 日蝕月蝕の巻

太閤秀吉の死後には難題が山積していた。朝鮮からの撤兵用船舶の不足、日ましにつのる武断派武将と文治派吏将の対立、そして秀頼の母公淀君の頑迷と我執……。秀吉に後事を托された家康の使命は重い。と、そこに降ってわく‘家康に異心あり!’の噂。はたして噂を流す石田三成の敵意はなにゆえか?
価格
648円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
6pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/08/07 10:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.31MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

セット一覧

1~5巻セット 5巻分 3,240円 今すぐ購入
6~10巻セット 5巻分 3,240円 今すぐ購入
11~15巻セット 5巻分 3,240円 今すぐ購入
16~20巻セット 5巻分 3,240円 今すぐ購入
21~25巻セット 5巻分 3,240円 今すぐ購入

購入済みの巻が含まれています。

OK キャンセル