サイト内検索

  • 完結

パンとペン 社会主義者・堺利彦と「売文社」の闘い

作家/出演者
シリーズ
  • パンとペン 社会主義者・堺利彦と「売文社」の闘い
弾圧の時代をユーモアと文才で生き抜く男達。百年前の大逆事件後、編集プロダクションと翻訳会社を兼ねた活動家の拠点を創ったのが堺利彦。幸徳秋水、大杉栄との交流など新しい視点から明治の社会主義を描く。第62回読売文学賞[評論・伝記賞]受賞。講談社創業100周年記念出版。
価格
2,160円
[参考価格] 紙書籍2,592円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
21pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/08/07 10:00
紙書籍販売日
2010/10/07
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
5.53MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家