サイト内検索

  • 完結

もぐら随筆

作家/出演者
シリーズ
  • もぐら随筆
小田原の生家の物置小屋で、陋巷の隠者としてもぐらのように暮らしながらも大切に守り通した文学への情念の炎。抹香町の私娼窟へ通い、彼女達に馴染み、哀歓を共にし、白昼の光りには見えない底辺に生きる人間の真実を綴った。60歳にして得た若い妻との生活への純真な喜びが溢れる紀行随筆。宇野浩二、中山義秀、水上勉ら師友をめぐる思い出の記。川崎文学晩年の達成を予感させる好随筆集。
価格
1,134円
[参考価格] 紙書籍1,512円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
11pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/08/07 10:00
紙書籍販売日
2006/06/30
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.24MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

この作家の他の作品