サイト内検索

  • 完結

最後の職人 池波正太郎が愛した近藤文夫

作家/出演者
シリーズ
  • 最後の職人 池波正太郎が愛した近藤文夫
近藤文夫は高校卒業後、ホテル「山の上」に入り23歳で料理長に抜擢される。その姿はやがて、ここを常宿にしている文人たちの目に留まるようになる。なかでも池波正太郎との出会いは近藤の人生を変えた。1993年に独立、銀座に「てんぷら近藤」を構える。ここで脇役扱いされてきた素材の研究をすすめて、いままでにない「野菜てんぷら」を考案していく。その生き様を描きながら、なかなか見られない厨房、河岸など舞台裏に迫る。
価格
1,674円
[参考価格] 紙書籍2,052円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
16pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/08/12 10:00
紙書籍販売日
2013/11/19
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.26MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家