サイト内検索

  • 完結

戦国大名論 暴力と法と権力

作家/出演者
シリーズ
  • 戦国大名論 暴力と法と権力
戦国時代、大名の配下にありながら、「家中」と「領」をもつ者がいた。戦国領主と呼ばれる存在である。大名の生命線は、彼らをいかに統制するかにあった。暴力の時代にあって、いかに支配を安定させたのか。暴力と法のせめぎ合いから、新しい権力が誕生した。群雄割拠の時代を権力論の視点から読み直す。(講談社選書メチエ)
価格
1,728円
[参考価格] 紙書籍1,890円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
17pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/10/02 09:50
紙書籍販売日
2015/09/10
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
3.04MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家