サイト内検索

  • 完結

ふたり 皇后美智子と石牟礼道子

作家/出演者
シリーズ
  • ふたり 皇后美智子と石牟礼道子
2013年10月、水俣を訪れた天皇皇后が、水俣病患者と歴史的な対話をかわされた。そのきっかけをつくったのが、『苦界浄土』をあらわした石牟礼道子。二人のミチコが文学をとおした魂の交感から、数々の秘められたドラマが生まれた。60年代からはじまった水俣闘争は、この日本を代表する作家を生んだ。そして彼女を支えたのが同じ熊本で新たな視点で日本史を読み直す渡辺京二だった。戦後70年、水俣は癒されたのだろうか。
価格
1,512円
[参考価格] 紙書籍1,836円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
15pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/10/30 09:50
紙書籍販売日
2015/09/16
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.28MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

この作家の他の作品