サイト内検索

  • pt還元

日本語を作った男 上田万年とその時代(集英社インターナショナル)

作家/出演者
シリーズ
  • 日本語を作った男 上田万年とその時代(集英社インターナショナル)
明治維新を迎え「江戸」が「東京」となった後も、それを「とうきやう」とか「とうけい」と様々に呼ぶ人がいた。明治にはまだ「日本語」はなかったのである。「日本語(標準語)」を作ることこそが国(国家という意識)を作ることである――近代言語学を初めて日本に導入すると同時に、標準語の制定や仮名遣いの統一などを通じて「近代日本語」の成立にきわめて大きな役割を果たした国語学者・上田万年とその時代を描く。
SALE 9月1日(金) 12:00まで
50%ポイント還元中!
価格
1,987円
[参考価格] 紙書籍2,484円
読める期間
無期限
電子書籍/PCソフトポイント
920pt獲得
クレジットカード決済ならさらに
19pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/04/29 00:00
紙書籍販売日
2016/02/24
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
1.18MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家