サイト内検索

「風野潮」の作品一覧

新着通知設定 :
作家
新着通知管理ページ
  • 風野潮 他
    • (3)
    • 540円~
    小さいころからフィギュア・スケートを習ってきた小学6年生の春野かすみ。5年生の冬父親が事故で亡くなってから、得意のジャンプがうまく跳べなくなってしまう。優勝を求められた地方大会でも大失敗し、経済的な理由もあって、引退を考えていた矢先、頼まれて行った無料開放日のスケート・リンクで、...
  • 風野潮 他
    • 540円
    「ちょっとあんた、かわりに投げさせてよ。」小学5年生、優介の所属するへなちょこ野球チームに、とつぜんあらわれた美少女ピッチャー、夏本理央。男まさりの剛速球、俊足、バッティングセンスも文句なし。だけど大阪弁まるだしで本音を言いまくる理央は、チームのトラブルメーカー! チームを強くす...
    • (3)
    • 864円
    友がいるからこそ、今の僕がある。講談社児童文学新人賞50周年企画 受賞作家4人が紡ぎ出す、YA世代のための4つの友情物語。■背は低い、力もない。でも野球大好き 「打順未定、ポジションは駄菓子屋前」■1年半ぶりにアイツが帰ってくる!? ■「マリモの携帯ストラップ」■ボクシングにかけ...
  • 風野潮 他
    • (5)
    • 864円
    満月の夜には、なにかがおきる! ――猫と人間、ふたつの世界の狭間に揺れる、ちょっぴりおかしな宿命の行方! 三池敏(みいけびん)は中学二年生。幼なじみのまひろとは大の仲良し。クラスメイトの上野さんのことがちょっと気になっている。ごくふつうの中学生ライフをおくる敏だったが、実は彼は、...
    • (1)
    • 669円~
    最初の事件――。それは、事故でお母さんを亡くしたあやめの物語。あやめは寂しくなると、いつもお母さんがしていたように、昔、神木であったという小学校のナギの木のところに行く。ある日、いつものように神木に額をつけて祈った。すると……! ’視える’が次々と子どもたちに伝染り、地霊町に秘め...
  • 風野潮
    • 864円
    橘廉太郎と弦次郎は年子で同じ学年の高校一年。二人は子どもの頃習っていたバイオリンのせいで、仲がぎくしゃくしてしまっていた。バイオリンを愛する弟より兄のほうがコンクールの成績が良かったからだ。 弟の気持ちを感じバイオリンをやめた兄はその後淡々とした学校生活を送っていたが、ある日スパ...
  • 風野潮
    • (6)
    • 864円
    元選手でコーチの父を持ち、幼い頃から恵まれた環境でずっとフィギュアスケートを続けていた輪。だから普通の人よりはずっとうまく滑れるってだけで、スケートが夢ってほどでもない。やめたいと思うこともあるけど、やめたら自分には何も残らないような気もして…。 友人や父との交流とともにスケータ...
  • 風野潮
    • (5)
    • 864円
    羽生結弦のジュニア時代をモデルに書かれた男子スケート小説!和真は母にスケートをすることを反対されていたが、和真の才能に気がついた桜沢コーチは和真を自分の家に居候させ、1年以内に優勝できなかったらスケートをやめさせる、と約束。そして、約束の1年の期限が迫った大会に和真の母を招待する...
  • 風野潮
    • (5)
    • 864円
    羽生結弦のジュニア時代をモデルに書かれた男子スケート小説!ジュニア選手で、中2の葵と輪は親友でライバル同士。アイス・フェスタの演技中、葵は不注意で輪に脱臼をさせてしまう。思うように練習できない輪に申し訳ないと思いつつ、葵は自分の新しいプログラムに挑戦しようとしていた。二人はそれぞ...

1~9件/全9件

  • 1
トップへ