サイト内検索

「永井明」の作品一覧

新着通知設定 :
作家
新着通知管理ページ
    • (3)
    • 594円
    腐った組織にメスを!!生命の救世主・朝田龍太郎が、日本医療に革命を起こす!!かつてないメディカルドラマが今、ここに…!!
    • 完結
    • 0円
    【無料試し読み閲覧期間2019/07/12〜2019/07/25】 NGOキャンプで優秀な外科医として働いていた朝田は、今は医者を辞め、悠々自適の田舎暮らしの毎日。そこへ大学助教授の加藤が現れ、彼を自分の大学病院に迎えようとする。だが、朝田はまるで興味を示そうとしなかった。そんな...
    • 無料あり
    • NEW
  • 永井明
    • 432円
    目が疲れる、腰が痛い、酒が弱くなった、歯にものがはさまりやすい、小食になった、オカーサンとのナニが疎遠になった、人の名前が思い出せない……。この中年トホホ状態こそ哀しい男の更年期? でもそれは誰にも現れる熟年になった証拠。年をとったなりの人生の楽しみ方はある。爽やかに軽やかに人生...
  • 永井明 他
    • 216円~
    卒業試験を乗り越え、晴れて聖アントニオ病院の研修医となった古谷健一たち。 涙と笑い、新米ドクターの活躍を描く医学ロマンの大傑作が、電子書籍で登場!!
    • 完結
  • 永井明
    • 550円
    とかく情報が閉ざされがちな医療現場の問題点を、元内科医長である筆者が、軽妙な文体でサラリと暴く。患者自身が医療というものについて考えるよすがとなる一冊である。 ※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承く...
  • 永井明
    • (1)
    • 453円
    移植によって他人の心臓をこの胸にいだきつづけることになったひとりの男。彼はいくら恋に身を焦がしても、どんなに緊張しても、生真面目に鼓動をうちつづける新しい心臓に違和感を感じないではいられなかった。そんな人生、寂しすぎやしないか? 脳死判定の妥当性や倫理的問題、高額な医療費とさまざ...
  • 永井明
    • 561円
    「病気ってやつは、どうしてこんなに治らないんだろう」。医師としての大いなる疑問に捉えられてしまった勤務医時代の著者は、偶然出会った「ストレス学説」に光明を見いだした。厳寒のモントリオールで研究に没頭する日々、善良で個性的な現地の人々との交流を活写しながら、糖尿病や胃潰瘍、不眠症な...
  • 永井明
    • (11)
    • 453円~
    病気とは? 医者とは? 人間とは? こうした根本的な疑問を抱きつつも、‘立派なお医者さん’目指して奮闘していた著者が、なぜ医者をやめたのか?同僚の医師・看護士との親交と軋轢、病院システムの問題点、さまざまな症状や生活背景を抱えて病院を訪れる患者の姿、笑うに笑えぬ治療での失敗談……...

1~8件/全8件

  • 1
トップへ