サイト内検索

「前川麻子」の作品一覧

新着通知設定 :
作家
新着通知管理ページ
  • 前川麻子 他
    • 302円
    「この子、太郎っていうの。わたしのボーイフレンドだけど、青子にあげるわ」10年前。大好きなお姉さん・翠さんは、そう言ってわたし達の前からいなくなった。翠さんがわたしにくれた4歳年上の太郎は、気がつけば誰よりも気楽な親友。それぞれに恋人がいても、嫉妬はしない。手もつなぐし、キスもす...
    • 完結
  • 前川麻子
    • (1)
    • 540円
    少年犯罪に携わる若き女性弁護士・真希は、母と幼い娘を暴行し殺害した16歳の少年を担当することになった。少年との、どうしようもない心の溝に、深い悩みを抱く真希。そんな折り、夫の前妻との子と同居するようになるうち、夫との関係にも影が差すようになる。脆(もろ)く揺れる彼女の心の行く先は...
  • 前川麻子
    • (3)
    • 540円
    渋谷区の公立中学に通う14歳の尚美と絵麻。尚美は、30歳の恋人と両親公認の交際をつづけ、絵麻は、母と二人きりの家庭に、息苦しさを感じている。いまどきの中学生のなにげない日常。そこには、瑞々しい感受性と自意識の世代が持つ、ちょっと大人な、せつない思いが溢れている――。若い読者に、そ...
  • 前川麻子
    • (9)
    • 432円
    彼女は鞄を作る父の背中が好きだった。だだだ、だだだ、というミシンの音が「父の音」だった。やがて、家庭に安住できない父は家を出、亡くなった。大人になり、息子をもうけた彼女には既に母もなく、どこかで暮らす同じ「掌(てのひら)」をした異母兄だけがいた……。やがて、彼女は父と同じ鞄作りを...
    • 108円
    中学の同窓会に親友が連れてきた7歳下の大学生。二十歳で結婚、以来子育てに忙殺されてきた私にとって、彼の存在は刺激的だった。知らず知らず惹かれてしまう私。そして遂に…!? 大ヒットの恋愛アンソロジー『Friends』収録の珠玉短編、倉本由布が織り上げる儚い恋愛モザイク。

1~5件/全5件

  • 1
トップへ