ヘルプ

「安田浩一」の作品一覧

新着通知設定 :
作家
新着通知管理ページ
  • 安田浩一
    • (10)
    • 880円 50%pt還元
    戦前右翼、反米から親米への転換、政治や暴力組織との融合、新右翼、宗教右派、そしてネット右翼…。戦後右翼の変遷をたどる。
    • pt還元
  • 安田浩一
    • (11)
    • 1760円 50%pt還元
    そこは外国人、高齢者をネトウヨが襲う「空間」と化していた。 団地は、この国の‘未来’である。 外国人実習生や排外主義者の問題を追い続ける著者が、日本だけでなくテロ後のパリ郊外も取材し、日本に突きつける!! 団地。そこは、かつて「夢と希望の地」だった。 しかし、いまは都会の限界集...
    • pt還元
  • 安田浩一
    • (8)
    • 865円 50%pt還元
    2013年の新語・流行語大賞にノミネートされた「ヘイトスピーチ」なる現象は、年を追うごとに拡大している。 当初は、東京・新大久保界隈における在日韓国・朝鮮人に対しての罵詈雑言ばかりが注目を集めていたが、いまや対するヘイトスピーチは全国規模に拡散。また、Jリーグのサッカー会場に貼ら...
    • pt還元
  • 安田浩一
    • (17)
    • 847円 50%pt還元
    日本は、これまで外国人を社会の一員として明確に認識したことがあっただろうか。中国人・日系ブラジル人労働者を中心に、彼らの心の痛みに耳を傾けた渾身のルポルタージュ。
    • pt還元
  • 安田浩一
    • (9)
    • 715円 50%pt還元
    インターネットで事件の加害者の名前をさらし、その家族の個人情報までも、その真偽に関係なく拡散していく――。これを今、「ネット私刑(リンチ)」と呼んでいます。 このネット私刑(リンチ)は、ここ最近、どんどん過激になっていて、顕著な例が「川崎の中1殺害事件」である。同事件では事件発覚...
    • pt還元
    • 完結
  • 安田浩一
    • (2)
    • 990円 50%pt還元
    【第55回 日本ジャーナリスト会議賞受賞・第34回 講談社ノンフィクション賞受賞】 「弱者のフリした在日朝鮮人が特権を享受し、日本人を苦しめている」。そんな主張をふりかざし、集団街宣やインターネットを駆使して在日コリアンへの誹謗中傷を繰り返す’自称’市民保守団体。現代日本が抱える...
    • pt還元
    • (1)
    • 1034円 50%pt還元
    日本の「現在地」を俯瞰する! 現代用語事典として1986年に刊行が始まった「情報・知識事典imidas」は、現在はオピニオンやコラム、エッセイを掲載するウェブサイト「情報・知識&オピニオンimidas」として運営されている。本書には最近の掲載記事から24本を厳選して収録。執筆陣に...
    • pt還元
  • 安田浩一
    • 968円 50%pt還元
    「ネットと愛国」以降、日本の右翼化、ネトウヨなどを告発してきた第一線の人気ジャーナリストが現在の「愛国」という名の「亡国」を告発する。
    • pt還元
  • 安田浩一
    • 950円 50%pt還元
    「基地賛成派の意見を封殺している」「事実をねじ曲げている」──。ネットや保守論壇から批判されることの多い沖縄の新聞報道。そうした批判に地元紙の記者は、どう答えるのか。最新の動向も加筆し、「沖縄バッシング」の実情に追る。解説:望月衣塑子。
    • pt還元

1~9件/全9件

  • 1
トップへ