サイト内検索

  • 殿堂入り

クーデレすぎる未来の嫁の面倒な7日間 (10)

俺の脚のあいだにすわりながら、麻友はこくこくとビールを飲んだ。
飲んでいるものは酒だけど、その仕草は無邪気な子供のよう。
艶めく黒髪は撫でるたびに手に馴染む。
うしろから抱きしめるような姿勢のせいで麻友のにおいを感じる。石鹸の匂い。シャンプーもボディソープも俺と同じものを使っているはずなのに、俺よりもいい匂いな気がする。
俺は空になった缶を手放して、麻友の腰のあたりをぎゅうと抱きしめた。
「なんですかぁ?」

宅飲みでラブラブ。さらに、クリスマスにはホテルディナーからの宿泊でラブラブ。
ふたりの時間を堪能しまくる大人気ラブコメ、愛爆発の第10巻!
価格
711円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
7pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2020/07/17 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
12.80MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家