サイト内検索

  • NEW

島津久光の明治維新 西郷隆盛の‘敵’であり続けた男の真実

作家/出演者
シリーズ
  • 島津久光の明治維新 西郷隆盛の‘敵’であり続けた男の真実
関ヶ原以来続く、徳川家との因縁。緊張と融和が入り混じる関係の先に、幕末の島津家が選んだ道とは。
鎌倉時代の誕生から、約700年。数々の名君を生み出し、薩摩藩主となった島津家に生まれながらも、維新の立役者・西郷隆盛に「地ゴロ(田舎者)」と否定された男・島津久光。
「薩摩の国父」として、幕政の中枢に乗り込み、西郷とは別に、藩の存在感を示した彼の功績とは。
久光を中心に、薩摩藩から見た幕末をニュートラルに分析し、今まであまり顧みられなかった維新の一面を再評価するための一冊。
価格
1,382円
[参考価格] 紙書籍1,728円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
13pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2017/11/30 00:00
紙書籍販売日
2017/11/03
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
2.57MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家