サイト内検索

  • 完結

茨を踏みながら〜児童福祉司 長谷部亮子〜【分冊版】 救いの窓編

カーテンが掛けられ暗く汚い室内で、子供は
「音を立ててはいけない」という親の言いつけを守っていた。
痩せ細った体で、母親以外の人間を知らないまま。
「隣の部屋から子供のような声が聞こえる――」
通報を受けた児童相談員・長谷部亮子は現場に向かったが、
誰に聞いても「子供が存在する」という証拠は得られない。
玄関のドアを破ればすぐに分かるが、法治国家の中では法に守られた壁と同じ―――…。
虐待を受けた子を救え!
「児童福祉司」という職業をリアルに描いた衝撃の問題作!

※本作は「別冊家庭サスペンス」(2016年8月号)等に掲載されていた作品を電子配信用に改題・再編集したものです。
価格
108円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
1pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2018/06/05 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
28ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
16.20MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品   6話まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。