サイト内検索

命の足あと〜遺品整理業社ヒューマンズ〜[分冊版] 66話

ごみ屋敷の清掃の依頼。しかしそれは依頼人自身の家ではなく「実家」。
家が荒れ果てたのは、高齢の両親が生活能力を失ってしまったためだった。
介護が必要だとわかっていても、住宅事情等により同居することができないと困惑する依頼人に、林はある提案をする。
遠隔地に住む老親の介護問題に、鋭く切り込みながらも温かく見守る意欲作。
価格
108円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
1pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2018/06/06 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
35ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
16.10MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家