サイト内検索

  • pt還元
  • 完結

巨乳の誕生 大きなおっぱいはどう呼ばれてきたのか

作家/出演者
シリーズ
  • 巨乳の誕生 大きなおっぱいはどう呼ばれてきたのか
巨乳?ボイン?デカパイ?

以後、おっぱいについて語る者は、この本を避けて通ることはできないだろう。

「おっぱい」はいつから性器になったのか。巨乳愛の虚実を谷間に探る!都築響一(編集者)

いつの時代でも大きなおっぱいが好まれていたわけではない。70年代にはユニセックスで華奢な体つきこそがファッショナブルであり、80年代のAV業界でさえも胸の大きなAV女優は人気を得ることができなかった。ようやく「巨乳」という言葉が誕生し、一般的に普及したのは1990年頃になってから。それまでは「ボイン」「デカパイ」「Dカップ」などと呼ばれていた。江戸時代から開国、敗戦、経済成長を経て現在、社会の「大きなおっぱい」の受け止められ方は、時代を反映して変わっていく。なぜ変わっていったのか。その理由と全貌をあきれるほどの調査で明らかにした革命的論考。

SALE 5月7日(月) 11:59まで
50%ポイント還元中!
価格
1,728円
[参考価格] 紙書籍1,728円
読める期間
無期限
電子書籍/PCゲームポイント
800pt獲得
クレジットカード決済ならさらに
17pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2017/12/15 00:00
紙書籍販売日
2017/11/17
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
7.83MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家