サイト内検索

ミナミの帝王 129

製薬会社と医科大学のゼニに塗れた関係――奇跡の薬に潜む黒きカラクリを暴く『白い疑惑編』収録!!自社の降圧剤「パラチオン」を売るために一計を案じる高村。それは、臨床試験のデータを元に、一流医科大学教授に論文を依頼し、世界的医学誌『ランゴット』に掲載させるというもの。論文に記された「心筋梗塞・脳卒中の発症リスクを大幅に軽減させる」という薬効に、多くの医者がとびつく。しかし、華々しい結果の影で、密かに蝕まれる服用者の姿が…!!
価格
432円
[参考価格] 紙書籍596円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
4pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/02/08 09:50
紙書籍販売日
2014/12/06
ページ数
206ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
103.00MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家