サイト内検索

  • 完結

玉屋一代 花火心中【単話版】 第14話

ときに死と隣り合わせの煙火稼業。
弟子を失うも志を失うことなく、
己の華火を追い求め続ける壱兵衛。
火消しの息子・徳太郎や鍵屋の若旦那、
花火を打ち上げる中で強まる人との縁…!!!
己の瞼に焼き付いた‘紅い華’を越えられるのか!?
隅田(おお)川川開きに向け、支度は整った!!!
いざ打ち上げん、豪華絢爛大江戸夜華―――ッ!!!
※本作品は単行本第2巻「第13話 眼前にそびえたつ背中」を収録しています。
価格
64円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
0pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2018/09/13 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
23ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
12.00MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家