サイト内検索

  • 紙書籍同時

つかのまのこと

作家/出演者
シリーズ
  • つかのまのこと
作家・柴崎友香が俳優・東出昌大をイメージし純文学小説を執筆。
さらに、<物語>に合わせ写真家・市橋織江がその世界観を撮り下ろし。

作家、俳優、写真家。各界で第一線を走るクリエイター3者が集結し、<一冊>を作り上げた、‘新しい純文学’。

◎内容紹介

「わたしのほうが幽霊である、と気づいたのは、
早い時期であったように思う。」

かつての住み家であったのであろう、‘この家’を彷徨い続ける‘わたし’。
その理由がわからないままに時は移り変わり、家には次々と新しい住人たちがやってくる。
彼らの光景を見守り続ける‘わたし’は、ここで、いったい何を、誰を待っているのか――。
ラスト、あなたはその<結末>に、きっと涙する。

あなたは、大切だったあの人の‘顔’を、覚えていますか?
価格
1,620円
[参考価格] 紙書籍1,620円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
16pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2018/08/31 00:00
紙書籍販売日
2018/08/30
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
14.80MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家