サイト内検索

  • 完結

ウッド・ノート 【第2巻】

私立水瀬高等学校に転校してきた唐須一二三(からすひふみ)はバード・ウォッチング部に入部する。
カメラ・ハンティング(一定時間でどちらが多くの種類の鳥を写せるか)で副部長の大潟新人と勝負し勝利した唐須は「バードウォッチング」部を『ウッド・ノート』と命名した。真っすぐに鳥を愛し、行動する唐須に部員たちは次第に惹かれてゆくが、プライドの高い大潟新人とのミゾはなかなか埋まらず……?!
『すくらっぷ・ブック』『ぶるうピーター』に続く小山田いく青春三部作第3弾!!

小山田いく先生の当時の単行本コメント
『家の玄関先の柊の木に、冬になるまでずっと、一匹のアマガエルがすんでいました。
ところがわが家には、カラスやオナガなど、カエルを食べる鳥がたくさん来るので、ずっとハラハラしどおしでした。
鳥も好きだし、わが家の主のような顔したカエルもかわいいし…。
そろそろ冬眠中のカエルも、目を覚ますころ。
今年はどうやって、カエルを守ってやろうか…。今から頭が痛い毎日です。』
価格
432円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
4pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2018/03/23 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
191ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
156.00MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家