サイト内検索

  • pt還元
  • 完結

マリオネット師 【第1巻】

九頭見灯(くずみともし)は、家庭を顧みない両親、退屈な学校生活に嫌気が差し、スリに身を落としている。
ある日、灯は悪名高い政治家からスリを働く。彼の師匠・政二郎は危険を感じ、灯のスった財布を戻そうとするが、財布と一緒にスった手帳が原因でその政治家の秘書に殺害されてしまう。
灯は参考人として警察に呼ばれるが、河鹿川署の諸戸刑事は彼の境遇を知り、人形劇団「泡雲」に彼を紹介する。
以来、灯はマリオネットを相棒としたスリとなる。

マリオネットをつれた天才スリ師『九頭竜(くずりゅう)』が財布の中からドラマを盗む!
「すくらっぷ・ブック」で温かな青春像を描いた小山田いくが一転社会的テーマを絡めた人生劇の描き手として作品を通じ鋭い問題提起を行う、社会派少年漫画第1巻!

小山田いく先生の当時の単行本コメント
『10年ほど前、当時の国電の車内で、一度財布をすられたことがあります。
幸い被害は二千円ですみましたが、いつすられたのか全くわからなかったのには、感心しました。
そしてそれからです。
東京に行く時は、胸ポケットにはダミーの財布を入れるようになったのは。
中にはスリが頭ふっとぶほどの悪口を書いた紙が入っているのですが…以来一度もすられないのです。おもしろくないな…。』
SALE 8月31日(金) 14:59まで
50%ポイント還元中!
価格
432円
読める期間
無期限
電子書籍/PCゲームポイント
200pt獲得
クレジットカード決済ならさらに
4pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2018/03/23 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
197ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
187.00MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家