サイト内検索

  • 紙書籍同時

クレイジー・リッチ・アジアンズ 下

内容紹介

わたし以外、全員スーパーリッチ!?
つきあっていた彼氏が、実はアジアの大金持ちの息子だったなんて――
クレイジーなほどゴージャスな世界に巻き込まれた私。
‘本当の幸せ’を掴むことができるの?

世界17カ国で出版! 全世界の女性の心を掴んでベストセラー!
> ‘アジアの大金持ちたち’(クレイジー・リッチ・アジアンズ)の物語が、遂に日本上陸。
映画化原作! 『クレイジー・リッチ! 』ワーナー・ブラザース配給で2018年9月28日(金)公開


★『ヴォーグ』『エル』『ニューヨーク・タイムズ』『ウォール・ストリート・ジャーナル』『ヴァニティ・フェア』――全米 各紙・誌で絶賛!

痛烈に面白く……、今年の夏一番の小説。
――「ヴォーグ」誌
たくさんのプライベート・ジェットとより巨大な豪邸、そして信じられないほど巨額の富でドーピングした『ダイナスティ』。
――ヴァニティフェア.com
お節介な大家族と果てしないルブタン・コレクション――それらに囲まれたジェットセッターの人生を描いた風刺的な物語に夢中させられる。
――「グラマー」誌
読むのがやめられないほど愉快で、他に類がなく、現代的な小説……。
私は実際、食事も『ダウントン・アビー』を見るのも忘れるほど読書にのめり込んでしまった。
――プラム・サイクス、『ブロンド娘の野望』(2004年)著者
独創的で小気味いい本作は、ジェットコースターのように楽しめる。大好き!
――ジャッキー・コリンズ、『The Power Trip』著者
あっという間に気に入った……、富と滑稽が支配する世界にようこそ!
――「O」誌
新旧合わせたシンガポールの途方もない富豪ワールドについての痛快な風刺小説であり、役立つガイドブックでもある。
――デイリー・ニュース
ジェーン・オースティンか、もしかしたらイーディス・ウォートンがシンガポールで取材して、習俗についての生き生きとした痛快な小説を書いたのだろう。
シンガポールの風習が生き生きと描かれた作品――きっと、ジェーン・オースティンか、イーディス・ウォートンが取材して執筆したものだろう
――カーカス・レビュー

〈STORY〉
ニューヨーク大学で経済学の教鞭をとるレイチェル・チューは、西海岸育ちのABC(アメリカ生まれの中国人)。母ひとり子一人の環境で、経済的に苦しいながらも現在の地位までたどり着いた苦労人。同じ大学で歴史学を教えるニコラス・ヤングと交際中で、約1年が経とうとしていた。「友人の結婚式があるから、僕の故郷のシンガポールで夏を過ごさないか?」ニコラスから誘われたレイチェルは一瞬悩んだが、彼との関係性や友人・両親、そしてシンガポールへの興味から旅行を決意する。しかし、その決断が、アジア中の女性&金持ち一家に大いなる波紋を与えるとは、この時の彼女には知る由もなかった……。実はニコラスは、アジアの社交界で知る人がいないほどの、大金持ち一家の長男。その伴侶の座は、女性陣の垂涎の的。そんな彼が、‘彼女’を連れて故郷に帰ってくる――。それは、ニコラスの友人の結婚式同様のビッグでサプライズなスキャンダルでもあり、レイチェルを失墜させようとするヤン一族や、シンガポール社交界の独身女性たちのとの闘いの始まりを意味していた……。そして、ここに女性のなかで誰よりも‘彼女’の存在を気にしている人物――彼の母親エレノアだ。ニコラスがそんな注目の存在であることを知らなかったレイチェルを待ち受ける運命とは……?

著者について

ケヴィン・クワン Kevin Kwan
シンガポール生まれの著者は、11歳で米国に渡り、パーソンズ美術大学を卒業。『マーサ・スチュアート・リビング』誌やデザイン会社などで働いたあと、2000年にクリエイティブ・スタジオを設立。ニューヨークタイムズ紙やMOMAのビジュアル・プロジェクトの制作に携わる。2014年、シンガポールでの自身の思い出や経験をベースにした本書でデビュー。
価格
1,540円
[参考価格] 紙書籍1,540円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
15pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2018/08/23 00:00
紙書籍販売日
2018/08/21
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
1.53MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品   2巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。

1~2件目 / 2件

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 次へ
  • 最後へ