サイト内検索

  • 紙書籍同時

竜のグリオールに絵を描いた男

作家/出演者
シリーズ
  • 竜のグリオールに絵を描いた男
あまりにも巨大な竜グリオール
彼の上には川が流れ村があり、その体内では四季が巡る

‘舞台’は動かぬ巨竜
唯一無二のシリーズ短篇集が遂に日本初刊行
初邦訳1篇、初収録2篇を含む全4篇を収録

全長1マイルにもおよぶ、巨大な竜グリオール。
数千年前に魔法使いとの戦いに敗れた彼はもはや動けず、
体は草木と土におおわれ川が流れ、その上には村ができている。
しかし、周囲に住むひとびとは彼の強大な思念に操られ、
決して逃れることはできない――。
奇想天外な方法で竜を殺そうとする男の生涯を描いた表題作、
グリオールの体内に囚われた女が見る異形の世界「鱗狩人の美しき娘」、
巨竜が産み落とした宝石を巡る法廷ミステリ「始祖の石」、
初邦訳の竜の女と粗野な男の異類婚姻譚「嘘つきの館」。
ローカス賞を受賞したほか、数々の賞にノミネートされた、異なる魅力を持つ4篇を収録。
動かぬ巨竜を‘舞台’にした傑作ファンタジーシリーズ、日本初の短篇集。
価格
1,210円
[参考価格] 紙書籍1,210円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
12pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2018/08/30 00:00
紙書籍販売日
2018/08/29
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
2.46MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家