サイト内検索

  • NEW

〈シグマフォース〉シグマフォースVSギルド 野望編

世界で、日本でベストセラー。
歴史の謎に科学で挑む、米国国防省内の機密組織〈シグマフォース〉。
ヒットシリーズをまとめて読める超合本版・第1弾。
シリーズを繋ぐブリッジ・ストリーの短編も収録。

GREEN BERET〈グリーンベレー〉、DELTA FORCE〈デルタフォース〉、NAVY SEALs〈ネイビーシールズ〉……米国が世界に誇る最強の特殊部隊。
だが、これらを超える最強の秘密特殊部隊があった――その名は、SIGMA FORCE〈シグマフォース〉。
彼らは、殺す訓練を受けた科学者。ジェームズ・ボンドより切れ者で、危険度は2倍。



シグマフォースVSギルド 野望編

[収録作品]
■シリーズNo.0 ウバールの悪魔
神の怒りで砂にまみれて消えた都市〈ウバール〉
そこに眠るは、世界を崩壊させる大いなる力……
〈シグマフォース〉シリーズの原点!

■シリーズNo.1 マギの整骨
それは‘生命の根源’を解き明かす唯一の鍵
科学とオカルトの境界線が破壊された時、
人知の及ばぬ未知の絶対領域が姿を現す!

■シリーズNo.2 ナチの亡霊
ナチの残党が研究を続ける〈釣鐘〉とは何か?
ダーウィンの聖書に記された〈鍵〉とは?
来るべき人類の進化に向けて、闇の勢力が動き出す!

■シリーズNo.2.5 コワルスキの恋
シリーズとシリーズを繋ぐブリッジ・ストーリー。
『ユダの覚醒』で本格登場のジョー・コワルスキが主人公。

■シリーズNo.3 ユダの覚醒
それは人間を変貌させる力を秘めた裏切りの〈菌(ウィルス)〉
マルコ・ポーロが死ぬまで語らなかった謎……。
〈ユダの菌株〉というウィルスが起こす奇病……。
一見、関わりのないふたつの謎が明らかになる時、
人類の内側に秘められた大いなる謎が正体を現す……


[著者プロフィール]
ジェームズ・ロリンズ James Rollins
1961年イリノイ州生まれ。1990年代後半から作家としての活動を始め、2004年に発表した『ウバールの悪魔』に登場した「シグマフォース」を、2005年の『マギの聖骨』から本格的にシリーズ化。以後、『ナチの亡霊』『イヴの迷宮』などを経て、2019年1月にアメリカで刊行予定の最新作‘Crucible’に至るまで、シリーズは十三作(『ウバールの悪魔』も含めると十四作)を数える。歴史的事実に基づきながら、最新の研究成果や科学技術を取り入れて構成した緻密なストーリーには定評があり、アクションシーンの描写でもアメリカで一、二を争う作家との評価を得ている。「シグマフォース・シリーズ」から派生した元兵士のタッカーと軍用犬ケインを主人公とする「タッカー&ケイン・シリーズ」(グランド・ブラックウッドとの共著)も、『黙示録の種子』、『チューリングの遺産』の二作が刊行されている。
価格
6,032円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
60pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2018/12/07 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
16.10MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品   3巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。