サイト内検索

  • 紙書籍同時

恐怖実話 狂禍

作家/出演者
シリーズ
  • 恐怖実話 狂禍
内容紹介
ほんとうに恐ろしいのは、死者の怨念か、生者の業か…
人怖の名手・渋川紀秀が書き刻む!混沌の実録恐怖譚!

闇に潜む狂気と日常に垣間見える違和感――
独特の視点で恐怖を炙り出す渋川紀秀。

見てはいけない!生徒が感じ取った不気味なモノとは「同じくらいの年の子」、
自殺した女が出る公園、噂につられて行った先で待ち受けた結末「死んだ女でもいいから」、
夜の街でナンパ成功、連れられて行った先で…「ナンパ成功」、
誘われた一軒家でのパーティー、洗面台の鏡に映ったのは…「きれいな歯ブラシ」、
間違えて配達された謎の封筒、その中身に戦慄する「誤配達」など35篇を収録。

生者と死者が交差するところに禍々しい怪異が生まれる……。

著者について
渋川紀秀 (しぶかわ・のりひで)
兵庫県姫路市出身。最近ハマっているのは、現代海外ミステリーを読むことと、すれ違う人の来歴を想像すること。
単著に『恐怖実話 狂霊』『恐怖実話 狂忌』『恐怖実話 狂葬』『恐怖実話 狂縁』。
共著に『FKB怪談幽戯』『怪談実話競作集 怨呪』『怪談五色 破戒』など。
価格
715円
[参考価格] 紙書籍715円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
7pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2020/02/28 17:00
紙書籍販売日
2020/02/27
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.19MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家