サイト内検索

  • 紙書籍同時

男社会がしんどい 〜痴漢だとか子育てだとか炎上だとか〜

作家/出演者
シリーズ
  • 男社会がしんどい 〜痴漢だとか子育てだとか炎上だとか〜
働けなくて苦しい、働かなきゃいけなくて苦しい…。
保育園不足問題のときも、コロナのときも、国は助けてくれない。

性犯罪の裏にも被害者を黙らせる、都合のいい法律があった。

私たちに理不尽を押し付けてくる日本。根付いた男社会。

*****
目次

はじめに

第1章 痴漢犯罪はなぜなくならないのか

第1話 痴漢被害に遭う中学生を放っておく大人たち
第2話 痴漢犯罪がなくならない理由のひとつ
第3話 痴漢はなぜ痴漢をするのか
第4話 何もしない大人から「防犯意識が低い」と言われる女子高生
第5話 知らずのうちにみんなで痴漢犯罪を伝承させている
第6話 被害者たちの「黙る」歴史
第7話 「痴漢加害者のほうが大変なんだよ」という凶暴な説得
第8話 明治の女性差別が平成にも残ったまま
第9話 痴漢の頭の中

第2章 女が家事育児する前提で作られた社会

第10話 女性差別なんてあるわけないと思ってた
第11話 どうして女が仕事をやめなきゃいけないの?
第12話 「保育園が足りない問題」の奥に潜むもの
第13話 土の中にいた母たちの時代
第14話 女同士を対立させ根本的な問題から目を逸らせる
第15話 「保育園落ちた日本死ね」の正しさ

第3章 男の利権をつぶすおばさんに仕立て上げられ炎上

第16話 コンビニの成人誌コーナーはおかしい
第17話 女性を虐(ルビ:いじ)める性的ジャンルが「健全」とされる男社会
第18話 伝え方を変えてみたら大変なことに
第19話 男社会には伝わらない

*****
「痴漢」でなぜか、被害者が責められる
「女性が働く」ことをよく思わない人たち
「エロを取り上げるモンスター」に仕立て上げられ炎上する著者

女性の話に聞く耳を持たない社会――。

★単行本カバー下画像収録★
価格
1,100円
[参考価格] 紙書籍1,100円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
11pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2020/05/28 00:00
紙書籍販売日
2020/05/26
ページ数
136ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
95.10MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家