サイト内検索

  • 完結

成瀬涼子傑作選 雲の糸 3

男に騙され、なけなしの貯金を奪われた私は、ビルの屋上から飛び降りようとしていた。その瞬間「困るよ、その真下に俺の愛車が停まってんだ」と声をかけてきた男がいた。飛び降り自殺がどんなに悲惨かを滔々と語る男のせいで私は死に損ねた。鈴鹿と名乗るその男は、何故か私の身上を全て知っていた。ある人物に頼まれて私のことをずっと見守っていたのだという。私は私を騙した男、高橋に何故かもう1度会いたかった。そこで鈴鹿に高橋探しを手伝ってくれと頼んだ。高橋は、施設にいた私が唯一家族と呼べる存在だった、優ちゃんに似ていたのだ。優ちゃんは亡くなってもう14年も経つ。鈴鹿は私が高橋を優ちゃんの代わりにしていただろ?というが…!?
価格
324円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/11/19 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
91ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
18.90MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品   4巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。