サイト内検索

嫉妬の肌触り 上 私のほうがきっと特別

大学時代の友人である波多野と5年ぶりに会った私。久々に飲んで近況報告をして、それで終わると思っていたが、結局ベッドを共にすることになってしまった。彼には奥さんがいるが、私は恋人と先月別れたばかり。その寂しさがあったからか、彼の肉棒がとても愛おしかった。私の口の中で精子を放出した波多野は、「オナニーしている姿を写真に撮らせてほしい」と言ってきた。彼の望みならどんなことでも叶えたい私は、恥ずかしそうに股を開いて濡れた突起を触って……。
価格
108円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
1pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2019/03/22 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.85MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品   3巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。

1~3件目 / 3件

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 次へ
  • 最後へ