サイト内検索

  • pt還元
  • 完結

桜奉行 遠山金四郎

作家/出演者
シリーズ
  • 桜奉行 遠山金四郎
「この桜吹雪が見えねぇか!!」
名奉行といわれた
金四郎景元の活躍を描く痛快時代劇!!

遠山金四郎(とおやま きんしろう)
1793(寛政5)年〜1855(安政2)年。
遠山金四郎は江戸時代の旗本で、天保年間に江戸北町奉行、大目付、後に南町奉行を務めた実在の人物で、名奉行として知られ、法名は遠山景元(かげもと)といい金四郎は通称である。
TV時代劇「遠山の金さん」や「江戸を斬る」等の、桜吹雪の刺青を背中に入れた威勢のいい啖呵をきり、事件を解決する主人公のモデルとしても知られている。
住居は、現在の東京都港区新橋4丁目にあったといわれ、墓所は東京都豊島区巣鴨五丁目の本妙寺にある。
金四郎の代名詞ともなっている、背中の桜吹雪の刺青は、文献等に明記されたものはなく、その真意は定かではない。


〇この作品は実在の人物・遠山景元を基に創作したフィクションです。
SALE 8月30日(金) 14:59まで
50%ポイント還元中!
価格
432円
読める期間
無期限
電子書籍/PCゲームポイント
200pt獲得
クレジットカード決済ならさらに
4pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2019/01/19 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
105ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
66.30MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家