お知らせヘルプ
  • 完結

Dr.コトー診療所 愛蔵版 7

TVドラマ(フジテレビ系、主演:吉岡秀隆)になって社会現象を巻き起こした離島医療をテーマにした名作「Dr.コトー診療所」。その原点である漫画版を今一度読み返そう!(2004年 第49回小学館漫画賞一般部門受賞作品)。

落ち目のシンガーソングライター・下江田永時(エイジ)が来島した。知り合いの別荘で過ごすことになったが、その別荘の裏手には大きなスズメバチの巣があり、エイジはそのハチに刺され、アナフィラキシーショックを患ってしまう。アナフィラキシーとは、アレルギーの過敏反応から来るショック症状で最悪死んでしまう。エイジの場合は、首がむくみ、呼吸がしづらくなってしまった。この事態に、コトーは気管切開し、直接酸素を肺に取り込めるようにして、危機を脱出。無事、完治した。だが、エイジの声が出ないことが判明。歌手にとっては致命傷であるこの事態にコトーは…!?

<目次>
●第7巻
KARTE.68「Dr.コトー、いる。」
KARTE.69「Dr.コトー、刺す。」
KARTE.70「Dr.コトー、責められる。」
KARTE.71「Dr.コトー、呼びかける。」
KARTE.72「Dr.コトー、けなされる。」
KARTE.73「Dr.コトー、遅れる。」
KARTE.74「Dr.コトー、震える。」
KARTE.75「Dr.コトー、逆らう。」
KARTE.76「Dr.コトー、誓う。」
KARTE.77「Dr.コトー、疑う。」
KARTE.78「Dr.コトー、問う。」

初出:週刊ヤングサンデー(小学館)2002年8〜17号
価格
440円
[参考価格] 紙書籍555円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
4pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
配信開始日
2020/10/13 00:00
紙書籍販売日
2002/09/30
ページ数
199ページ
掲載誌・レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
120.00MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家