サイト内検索

もしも信長殺しが明智光秀ではなかったら…「敵は本能寺!」暁の空に響く智将光秀の叫び。30分で読めるシリーズ

作家/出演者
シリーズ
  • もしも信長殺しが明智光秀ではなかったら…「敵は本能寺!」暁の空に響く智将光秀の叫び。30分で読めるシリーズ
さっと読めるミニ書籍です(文章量24000文字以上 32,000文字未満(30分で読めるシリーズ)=紙の書籍の50ページ程度)

【書籍説明】
天正十年(1582)六月二日早暁、京の本能寺に鬨の声が上がった。
昨夜から本能寺に宿営していた織田信長は飛び起き、自ら弓矢、鉄砲を手にして迎え討った。
攻め寄せる軍勢はおよそ一万、鉄砲を撃ちかけ、矢を雨霰と射放す。一文字三星と五三桐の軍旗がひるがえる。

織田信長を襲撃したのは、毛利と羽柴秀吉の連合軍だった。なぜ、秀吉は大恩人の主君信長を裏切ったのか?秀吉と毛利家は、なぜ、手を組んだのか?

信長の危機を知った明智光秀は、備中へ向かう軍勢を反転させ、京に急いだ。
「敵は本能寺!」と、光秀は全軍を叱咤激励する。果たして、光秀は信長を救出できるのか?

【目次】
1 早暁の襲撃
2 馬揃え
3 出世猿
4 残忍なサル
5 それぞれの不安
6 将軍義昭
7 将軍御内書
8 高松城水攻め
9 三職推任
10 備中出陣
11 信長上洛
12 秀吉謀反
13 敵は本能寺
価格
322円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2017/02/24 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
5.13MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家