サイト内検索

  • pt還元

統合失調症の療養中に家族にしてもらいたかった回復に役立つ7つのこと。10分で読めるシリーズ

作家/出演者
シリーズ
  • 統合失調症の療養中に家族にしてもらいたかった回復に役立つ7つのこと。
さっと読めるミニ書籍です(文章量9,000文字以上 10,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の18ページ程度)

【書籍説明】
統合失調症は100人に1人は疾患する病気で、決して珍しくありません。

しかし、精神の病気という理由もあり、まだまだ偏見が強いのが正直な印象です。

私は、26歳の時に統合失調症を患い、治療に専念してきました。ですから、統合失調症のかたの気持ちが良く分かります。

病気を理解されないと、1人で苦しむことになりますから、この病気は当事者だけではなく、家族の協力がとても大切になります。

私自身、療養中は家族に助けてもらいました。

家族で助け合ったからこそ、治療が上手くいき、こうして社会復帰できたのだと思います。

本書では、私が統合失調症になり、療養中に家族にしてもらって嬉しかったこと、してもらいたかったこと、家族がするべき行動などをまとめてあります。

統合失調症は長い療養が必要になるので、当事者はとても焦っています。社会と距離を置き、1人でぽつんと治療をしなければならないのは、とても不安です。

本書を参考に、家族の絆を高め合いましょう。治療の手助けになれば幸いです。


【目次】

自堕落に見えるのは、回復の途中

一人暮らしの場合、治療はどのように進めれば良いのか?

家族と共に治療をする場合の対処法について

日々の居場所作りはどうすれば良いのか?

社会から孤立しているという感覚を理解してあげよう

デイケアを利用してみよう!

就職はすぐにできない。焦らずじっくり見守ろう!

まとめ スムーズに回復するために家族ができること



【著者紹介】
内山健太(ウチヤマケンタ)
1985年生まれ、新潟県出身。26歳の時に統合失調症を発症。

治療の一環として文章を書き始め、現在は、フリーのWEBライターとして活動中。

統合失調症、文章術、読書術など、幅広いテーマで執筆をしている。

ダイエットや筋トレなどにも造詣が深い。WEBライティングという仕事のかたわら小説を執筆している。
SALE 5月7日(月) 11:59まで
50%ポイント還元中!
価格
322円
読める期間
無期限
電子書籍/PCゲームポイント
150pt獲得
クレジットカード決済ならさらに
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2017/12/29 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.54MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家