サイト内検索

金髪の美女がラノベの描き方を教えにきたんだけれど、ぼくが二年間書けていないことを知らなかった。 (2)

【書籍説明】

zzzz……。

……え!?なに!?もう朝!?

はあ?またまえがきやれっての?

あいつおかしいんじゃないの!?人の仕事あたしにおしつけて!!根暗メガネの鬱(う)筆(ひつ)よりよっぽど性格悪いじゃない!

……いいわよ、みんな、こんな本読まなくって。しっしっ、こんな性格の悪い作者が書いた本なんて読まなくていいわ。

……ま、まあ、でも、そうね、もし、あたしのことが気になるってんなら、別に読んでくれてもかまわないわよ……?

……と、とにかく!今回もダメダメな鬱筆をスーパー作家にするべく、超エリートのあたしが大奮闘してるわ!

あたしが出てるんだから、あたしが教えてるんだから、おもしろいに決まってるし、ためになるに決まってる!

きっとあんたたちが求めるものがこの本の中に……

あるのかしら?

ちょ、ちょっと、お願いだから閉じないでよ!とりあえず読んでよ〜!!お願いだから〜!!

(※以上、今回もめんどくさがった作者の代わりに、ココナさんが前書きを語ってくれました。)


【目次】

第五話 怠惰×怠惰
第五話 怠惰×怠惰 後編
第六話 弟と姉
第七話 ぼくは決して怪しんでなんていません
第八話 ネット小説
ココナが教えるやるべきことリスト
エピローグ 書けるようになったきっかけ


【著者紹介】

ゆっちん先生(ユッチンセンセイ)
リザードン愛好家。猫と結婚したい派。

さいきん、読書がものすごく進みます。かわりに仕事が遅々としてすすみません!(笑)
価格
322円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2018/02/02 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
1.95MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家