サイト内検索

  • 完結

河内残侠伝 軍鶏【シャモ】 (11)

度重なる失態を挽回するために、鐙会の会長がアメリカから呼び寄せたのは実の息子・《ピューマ》の冬樹であった。狡猾で残忍な冬樹は春々と共に中華料理屋でひと息つく朝たちを急襲! 朝たちをさらなる窮地に追いやっていく。さらに鐙会の総力を上げた包囲網も朝たちを追い詰めていた。行く場所のなくなった朝たちは、唯一の頼りである奥大和村の覚善寺へと入るが、その動きも鐙会に筒抜けであった。次に鐙会が仕掛ける卑劣な罠とは……!? 蠢くどす黒い意志を感じながら、父の無念を晴らすため、《八尾の軍鶏》こと岩瀬朝が巨悪と闘う! 第11巻(全14巻)。
価格
324円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2017/02/24 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
238ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
60.20MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家