サイト内検索

  • pt還元
  • 完結

健太やります! 9

健太があげ、前田がうつ。そして捨て身のレシーブで、強豪を倒した坂見台。二回戦の相手は善行高。坂見台の楽勝かと思われた。だが、善行の粘りと一生懸命プレーのまえに、波乱の予感が!?
SALE 1月22日(月) 11:59まで
50%ポイント還元中!
価格
432円
読める期間
無期限
電子書籍/PCゲームポイント
200pt獲得
クレジットカード決済ならさらに
4pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2014/03/09 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
188ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
46.00MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

スタッフからのコメント

名門・藤沢実業に偵察しに行った河野と宇都宮だったが、とんでもない事態に巻き込まれることに――。
「今度の新人戦、坂見台高校・男子バレー部の出場停止を求め、神奈川県高体連へ提訴する!!!」と言われてしまう事態に発展してしまう…。なんとか、出場停止を逃れた坂見台高校だったが、秋の新人戦の1回戦での対戦相手があの因縁の藤沢実業―――

頼れるキャプテン/セッターの稲葉が抜け、健太がその両役目を引き継ぐことになってからの最初の公式戦――。
藤沢実業はレギュラーの選手ではなく、控えの選手を使うというナメた態度で坂見台高校に挑んできた…。
ついに、レギュラーを引きずり出したのだが、あの前田のスパイクが止められた!?!?
しかも、相手はたった一人で前田のスパイクを止めることに成功したのだ。それは、前田にとって初めてのことであった…。

強豪の実力を肌で感じることとなった坂見台高校。藤沢実業は100%前田を封じると言い切る。
それには理由が….。彼らは事前に前田のフォームを徹底的に調査し、彼の振り上げる左腕にくせがあることに気づいていたのだ。
前田のプレイが完全に分析/予測されるかつてない非常事態に―――
エース・前田が点を取れない今、どうする坂見台高校!?!?

諦めない健太を応援せずにはいられない!懐かしい昭和もののスポ根漫画!バレーの無名校のチームが結束力を高めて強くなっていくのが読んでいて面白い!!大人気野球漫画「MAJOR」を輩出した満田拓也による熱血バレー漫画、第9巻!!
…全文表示